時計の手入れ

あなたのカール F. ブヘラウォッチに修理やメンテナンスが必要になった場合、カール F. ブヘラでは高い技術を持つスペシャリストたちが揃ったサービスセンターを世界で提供しています。これらの時計技師とスペシャリストたちはカール F. ブヘラウォッチの修理・サービスを行うために高い基準に従った幅広いトレーニングを受けています。

特別なアドバイス

以下に記載された取扱い方法に注意していただくことにより、カール F. ブヘラのタイムピースの素晴らしいパフォーマンスを長年にわたり保つことができます。

防水性

パッキンの経年劣化、または防水性に関連する部品(リューズやプッシュボタン、ガラスなど)に対する予期せぬ衝撃が原因で、防水性は長い期間に劣化していきます。時計が濡れている場合、または水の中ではリューズやプッシュボタンを使用しないでください。

メンテナンス説明に記載の通り、年に一度カール F. ブヘラの正規のサービスセンターで防水性の点検に出されることをお勧めしています。

海水浴

海水浴の後は常にきれいな水道水でよくゆすいでください。こうすることで、塩分の残りによる時計や関連プロパティへのダメージや影響を防ぎます。

ねじ込み式リューズ

時計のムーブメントへの湿気の浸透を防ぐために、常に細心の注意を払って、リューズを回して締めてください。

非ねじ込み式リューズ

ムーブメントへの湿気の浸透を防ぐために、非ねじ込み式リューズはニュートラルポジションに押し戻してください。

クロノグラフ プッシュボタン

時計のムーブメントへの水の浸透を防ぐために、クロノグラフ プッシュボタンは絶対に水中では操作しないでください。

クリーニング

金属ブレスレットと防水ケースのクリーニングは柔らかいブラシと薄めた石鹸水で注意深く行ってください(レザーストラップの場合は水やオイル、化粧品などへ触れないようにしてください)。柔らかい布を使い時計をよく拭いてください。

衝撃、振動、極端な温度

時計に衝撃を与えたり、極端な温度にさらさないよう注意してください。

磁気

時計をスピーカーや冷蔵庫、またはその他の磁場が生成する電気製品などの近くに置かないでください。時計の精度に影響を及ぼすことがあります。

化学薬品

時計がシンナーや洗剤、香水、化粧品などに直接触れないようにしてください。これらの製品はストラップやケース、パッキンにダメージを与えることがあります。

レザーストラップ

レザーストラップをできるだけ長期間、美しく保つために、カール F. ブヘラでは以下のような取り扱いをお勧めします。

形や色の変化を防ぐため、レザーストラップが水や湿気に触れないよう注意してください。 長時間直射日光の当たるところで使用すると、レザーストラップの色が変化することがあります。 レザーは浸透性があるため、オイルを含むものや化粧品に触れないように注意してください。 レザークリーナーでのレザーストラップのお手入れはお勧めしません。

パワーリザーブ

自動巻ムーブメントはあなたの手首の動きで自動的にゼンマイが巻き上げられます。約10~12時間着用することによって、時計を外した後も一晩中動き続けるだけの十分なエネルギーを蓄えることができます。もし時計が十分な時間着用されなかったり、手首の動きが足りないと、パワーリザーブは減少し続けます。このような場合は、時計を着用する前に手動でゼンマイを巻き上げることをお勧めします。約15~20回リューズを巻き上げていただくと機能の信頼性が維持されます。

メンテナンス時期

カール F. ブヘラの時計はどのくらいの間隔でメンテナンスをすればよいのでしょうか?

高度な精度を誇る道具と同様に、カール F. ブヘラの時計は、技術仕様に合った信頼できる機能を保つために定期的なメンテナンスを必要とします。時計のモデルや、気候、自然、着用状況や取り扱い方にもよりますので、メンテナンス間隔の標準年数を定めるのは難しいですが、当社の長年の経験上、約4~5年間隔でのメンテナンスをお勧めします。

定期点検

カール F. ブヘラでは、年に一度の防水性の点検をお勧めしています。またケースが強い衝撃を受けた場合も点検が必要です。パッキンの経年劣化、または防水性に関連する部品(リューズやプッシュボタン、ガラスなど)に対する衝撃が原因で、防水性は長い期間に劣化していきます。

このクイックチェックはカール F. ブヘラの正規のサービスセンターで無料にて行っています。防水性の点検によって、予測できない、そして避けることのできない機能上の問題を防ぐことができます。これらの問題はあなたのカール F. ブヘラウォッチにダメージを与え、高額な修理故障に発展する可能性があります。