戻る

カール F.ブヘラ: タイに新しいビジネスパートナー

15 11月 2013

国際ビジネスの強化

ルツェルン、2013年11月。カール F.ブヘラは、タイのコルティナ・ウォッチと新しい 販売契約を結びます。このパートナーシップによって、ルツェルンの時計メーカーは、 アジア市場におけるポジションをさらに強化します。

スイスの時計メーカーであるカール F.ブヘラは、好調に世界展開を進めています。国際的には、アジア、米国、中東の主要マーケットが中心です。タイには、すでにカール F.ブヘラのブティックがあります。このフラッグシップストアは、バンコクの最高級ショッピングセンターのサイアム・パラゴンにあり、50m2を超える面積でブランドを演出しています。タイ市場は、このスイスのマニュファクチュールブランドにとって特に重要であるため、カール F.ブヘラは、コルティナ・ウォッチ タイとパートナーシップを結ぶこととなりました。

相乗効果と成長の可能性
コルティナ・ウォッチは、アジア最大で屈指の小売り販売業者の一つであり、ビジネスパートナーから格段の評価を得ています。カール F.ブヘラのCEOサーシャ・モウリもこの企業が高く優れていことを確信しています。「時計分野において40年以上の専門的な小売りノウハウを持ち、市場に素早く対応するコルティナ・ウォッチは、この分野における並外れた知識と広範囲にわたるネットワークの両方を拡大することができます。コルティナ・ウォッチは、私たちにとってタイにおける完璧な販売パートナーです。」この提携により、カール F.ブヘラは、アジアにおけるブランドの存在を大いに強化することができ、また、重要な主要市場においてラグジュアリー製品の販売を拡大することができます。 
アジアにおける屈指のパートナー
コルティナ・ウォッチ タイは、シンガポールに本社事務所を構え、アジアにおけるラグジュアリーウォッチ分野においてトップを走る販売業者として、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、香港、台湾で店舗を運営するコルティナ・ホールディングに属しています。この企業は、アントニー・リム氏によって40年以上前に設立されました。そして、カール F.ブヘラのブランドと同様、現在も一族経営です。この2社によるパートナーシップは、コルティナ・ウォッチとカール F.ブヘラの両社にとって最も重要な、エクセレンスの追求と最高の品質を求めるという共有の哲学の上に結ばれました。