戻る

カール F. ブヘラがレングナウに新しい技術拠点をオープン

13 7月 2016

新しい輝きに満ちたウォッチメーカー

ブランドとこの地を結びつける自社工場内に、製造工程の最適化とより優れた垂直統合化を促すための現代的な施設を整備しました。これは、ブランド独自のムーブメントを開発し、高い品質基準を満たす自社の腕時計を組み立てるための優れた土台となります。

Carl F. Bucherer opens its center of excellence in Lengnau.

カール F. ブヘラの優れたモデルの中には、パトラビトラベルテックに搭載されたGMT クロノグラフムーブメントCFB 1901、あるいはマネロトゥールビヨンに搭載のCFB T1001ムーブメントのように、自社内で製造されたムーブメントを持つモデルがあります。また、カールF. ブヘラがウォッチメーカーとして初めて量産型のペリフェラルローターを実現した、画期的なCFB A1000ムーブメントを搭載したマネロパワーリザーブは、55時間以上ものパワーリザーブを備えています。さらに、ペリフェラルローターをベースにした新しいムーブメントシリーズとして自社工場で完全開発・製造されたCFB A2000は、新たな基準を形作り、素晴らしい新モデルを生み出します。

Carl F. Bucherer opens its center of excellence in Lengnau.

この5年間で生産本数は4倍に増えており、私たちの製品が成功を収めていることは明らかです。カールF. ブヘラはこの新しい生産拠点を始動させることで、自社の未来のために要となる基礎を据え、増大する需要に応えていきます。カールF. ブヘラ社CEOのサーシャ・モエリは、「技術拠点としてこの新しい工場の設立により、カールF. ブヘラにとってさらなる重要なステップを踏み出したことを誇りに思います。この新工場は、伝統的なスイスブランドとしての私たちのアイデンティティーを強化するとともに、私たちの発展に刻まれたマイルストーンとなり、サステイナブルな成長戦略の結果となるものです」と述べています。

Carl F. Bucherer opens its center of excellence in Lengnau.

バーゼルワールドで今年新たに披露されたゴールドのブランドイメージと合わせ、カールF. ブヘラの工場は新たな輝きをまとってさらに前進を続け、最高の品質基準を守りながら革新を続け、情熱を忘れない、確固たる独立ウォッチメーカーとしてブランドを位置づけるものです。