戻る

パトラビ トラベルテック 4X 限定モデル

11 4月 2013

新たな次元:1つの腕時計、3つのタイムゾーン、4つの素材

チタン、セラミック、ラバー。パトラビ トラベルテック 4X 限定モデルでは、時が新しい素材をまとって登場します。18Kローズゴールドとこれらの選び抜かれた素材で、カール F. ブヘラのブランド誕生125周年記念コレクションは時計ファンの注目の的になります。

新しいパトラビ トラベルテック 4X 限定モデルで、カール F. ブヘラの時計職人たちは、異なるタイムゾーンだけでなく、厳選された異素材の世界も一つにまとめました。最高級の18Kローズゴールドと、高い水準のもと、時間をかけて形成されたベゼルに使われている超硬素材のハイテクセラミックの組み合わせ。そして、高品質のチタンおよび耐久性に優れたラバーも、時計全体のコンセプトにおいて重要な役割を果たしています。この4つの異素材の組み合わせが、この時計に、他にはない「唯一」という5つ目の価値を加えています。

初の一体化されたムーブメントとケース
2006年に初めて発表されたパトラビ トラベルテックの設計では、エンジニア、時計職人、設計士にまったく新しい課題があたえられることになりました。スペックには、3つのタイムゾーンをはっきりと同時に表示できることが求められ、そのためにはムーブメントとケースを一体化することが必要となりました。パトラビ トラベルテックには、モノプッシュボタンで、東西両方向にタイムゾーンを選択できるタイムゾーン選択機構の一部がケース内に収められています。この機構は、ケース側面のウィンドウから眺めることができます。

世界中を旅するジェットセッターのために
使い易さを重視し、設計に時間と労力を注ぎました。例えば、10時位置に付いたモノプッシュボタンを使って、移動先を東行きか西行きかに予めセットしておくと、ボタンを一押しするだけで次のタイムゾーンに移動することができます。つまり、ボタンを押すと、24時間表示の目盛りを持つリングがセットした方角に合わせて両方向に回転するので、赤い24時間針が指す目盛を読むと常に正確な現地時間がわかります。

他の「ワールドタイム腕時計」と異なり、パトラビ トラベルテックは、頻繁に飛行機で移動する人と世界中とコンタクトを取る人の両方にふさわしい腕時計です。他国の時間帯へと移動する人たちは時針を1時間単位で進めたり、戻したりして、すばやく合わせることができる簡単な調整を好みます。海外へ電話を頻繁にかける必要がある方は、 トラベルテック機構(特許取得済み)と連動した24時間針が役立つでしょう。これで、電話の相手先のタイムゾーンを選び、時間帯が昼か夜か一目で知ることができます。

ラグジュアリーとハイテクの融合
「時計の外観」に関していえば、パトラビ トラベルテック 4X 限定モデルは全てが明らかにしています。このため、時計職人は、スケルトンのダイヤルを採用し、精緻な仕上げを施した自動巻ムーブメントの歯車を眺めることができます。また、拡大レンズの下のエレガントな日付表示が目を楽しませてくれます。日付リングに数字がくり抜かれており、日付窓の赤い背景との対比で初めて目に見える仕組みになっています。外観のハイテクな印象は、色によって強調されています。マットなブラックが高貴なローズゴールドとコントラストを成し、ダイヤル上の必要な情報は鮮やかな赤で目立ちます。