戻る

マネロ パワーリザーブ

16 5月 2014

偽造品を防止する特殊レーザーサインを持つ正真正銘のタイムピース

パワーリザーブ表示、高精度の自社製キャリバーCFB A1011を搭載した「マネロ パワーリザーブ」は、最新テクノロジーによる優れた機能性が特色です。かつてないイノベーション技術として、スイスのミモテック 社により開発されたCLR- Ligaレーザー技術を採用し、偽造を防止しています。

伝統的な時計製造において、パワーリザーブ表示は一般的な機能です。それはゼンマイの張力状態を通じて、パワーの残り時間数を表すものです。「マネロ パワーリザーブ」のパワーリザーブ表示は、機能性とデザインが見事に融合されています。時計の心臓部は、マネロコレクション初搭載となる自社製の自動キャリバーCFB A1011が担います。特筆に値する両方向巻き上げのペリフェラルローターによって、自動巻きムーブメントにエネルギーが供給されます。

カールF. ブヘラは、自分たちが成し遂げた技術を保護し、その名を最高品質と常に結びつけることに重きを置いています。そのために「マネロ パワーリザーブ」にはスイスのミモテック 社が開発したCLR-Liga技術が施され、特殊表面加工を施した極小部品が光の回折によって、ロゴが浮かび上がらせるようになっています。4段階から成る複雑でコストのかかるプロセスによって、偽造を防ぎます。数十年を経ても、シンプルなレーザー機器を用い、製品の正当性を直ちに確認することができます。