マネロ フライバック

現代のコスモポリタン的思考とは、単に旅慣れているという以上のものがあると言えます。世界中どこにいても、常にオープンマインドで成功への自信とスタイルを醸し出すことです。マネロ フライバックはまさにこのような姿勢を念頭において開発されました。このアイコン的なシリーズの新製品はいずれも遠い地平線を彷彿とさせるブルーを基調としています。直径43mmのステンレススチールケースがブルーの文字盤を囲み、その文字盤にはクロノグラフカウンター、スモールセコンドのサブダイヤル、日付表示、中央の時針と分針を備えています。このスタイリッシュな新製品のストラップには、9列から成るしなやかなメタルブレスレット、または光沢のおかげで立体感を感じさせる青い繊維で編まれたテキスタイルストラップをお選びください。

ムーブメント

自動巻き、CFB 1970キャリバー、直径30.4mm、厚さ7.9mm、25石、パワーリザー ブ42時間

機能

クロノグラフ:秒計測、分積算計、フライバック、日付、時、分、スモールセコンド

ケース

ステンレススティール、両面無反射コーティングドーム型サファイアクリスタル、 サファイアクリスタルスバック、30m(3気圧)防水、直径43mm、厚さ14.45mm

文字盤

濃青

ストラップ

ステンレススティール, テキスタイル

 

真のコスモポリタンのためのデザイン

カール F. ブヘラにとってこの最新作は、自社の長い伝統の中で積み重ねてきた創造性へのオマージュにとどまらず、1888年にカール・フリードリッヒ・ブヘラが創業して以来、同社が追い求めてきた探求と発見への情熱への称賛でもあります。「このコスモポリタン精神は私たちの築き上げた歴史の一部です。創業のころから変わらずに私たちの創作意欲を掻き立てるものであり、今日も私たちを支える価値観の一部です。1888年、カール・フリードリッヒ・ブヘラは単にブランドだけでなく、開かれたグローバルな企業文化の基盤を築きました。彼の息子カール・エドアルドとエルンストは、世界を旅して留学し、1913年にベルリンに最初の支店を開き数年後には南アメリカにまで進出しましたが、彼らの故郷ルツェルンへの繋がりにこだわりました」とカール F. ブヘラのサーシャ・モエリCEOは話しています。この精神と卓越したマニュファクチュールから誕生したマネロ フライバックにとって、そのルーツはスイスの中心にありますが、活動の舞台は世界のあらゆる場所なのです。

store
play video
 
 

 

 

コレクションの発見

 

カール F. ブヘラまでご連絡ください。

お近くのブティックまたは取扱店にお出かけください。