戻る

カール F. ブヘラがアメリカン・フレンズ・オブ・ルツェルン・フェスティバルを後援

12 7月 2016

音楽 – メイド・イン・ルツェルン

スイスの独立時計メーカーであるカール F. ブヘラは、創業者の革新的精神、そして創業の地であるルツェルンの職人の豊かな創造性を体現する、極めて洗練されたタイムピースを製作しています。そして伝統ある時計ブランドとして、ルツェルンで開催されるこの有名なフェスティバルと、アメリカ出身のルツェルン・フェスティバル参加者を支援します。メゾンでは、創業の地であるルツェルンの街に息づく精神を、世界中の人々に知ってもらいたいと願っているのです。

カール F. ブヘラは、3年連続でフェスティバル開催団体のチャリティー・ガラパーティーを後援しました。ニューヨークの格式高いコンサートホール、カーネギー・ホールで開かれたこのパーティーでは、ルツェルン・フェスティバル・アカデミーで学んだ才能豊かな演奏家たちと、著名なピアニストのイェフィム・ブロンフマンとの共演により、心に残る素晴らしい演奏が繰り広げられました。このパーティーにおけるもう1つのハイライトは、ルツェルン・フェスティバルの理事長、フーベルト・アヘルマン博士への賛辞が贈られたことです。博士とフレンズ・オブ・ルツェルン・フェスティバルは数年前から、このフェスティバル、そしてルツェルン市のさらなる発展と国際化を推進し、知名度を高めるよう努めてきました。その献身的な活動に対する感謝の印として、博士にカール F. ブヘラ製の特別な時計が贈られたのです。博士にサプライズをもたらしたこのタイムピース「マネロ パワーリザーブ」は、時代を超えたスタイルのモデルで、55時間以上ものパワーリザーブを誇り、ブランド独自のペリフェラルローターを備えた自社製キャリバーCFB A1011を搭載しています。

このパーティーの収益金は、アメリカ出身の才能あふれる若い音楽家の活動に役立つよう寄付され、彼らは今夏、ピエール・ブーレーズが設立した、この種の学術団体としては独特の個性を持つルツェルン・フェスティバル・アカデミーの講習に参加することになっています。アカデミーでは、ヴォルフガング・リーム、マティアス・ピンチャー、アンネ=ゾフィー・ムターといったクラシック音楽界の名高いアーティストからなる講師陣が講習を担当し、若い音楽家たちが20世紀と21世紀の音楽に関して新たな視点を身に着けるよう指導します。

Carl F. Bucherer supports the American Friends of Lucerne Festival.

Carl F. Bucherer supports the American Friends of Lucerne Festival.

Dr. jur. Hubert Achermann, Chairman of the Board of Trustees LUCERNE FESTIVAL and the Foundation Friends of LUCERNE FESTIVAL | Mr. Ron Stoll, North American president of Carl F. Bucherer