戻る

カール F. ブヘラがリンスピ-ド社の新しいコンセプトカー 「BUDII に。

23 2月 2015

最高の仲間と一緒に時空を超えて

スイスのイノベーションラボ、リンスピード社は新しいコンセプトカーBudiiを2015年ジュネーブモーターショーで発表しました。この車はドライバーなしの旅をさらに快適にするために設計されています。カール F. ブヘラは他にはない次世代型ウォッチワインダーを提供することによりブランドの友人、フランク M. リンダークネヒトによるこの革新的なプロジェクトを支援しています。

フランク M. リンダークネヒトと彼のチームは35年以上にわたり未来志向コンセプトを実現してきました。移動に対して将来を見据えたコンセプト、水陸両用車、そしてサステイナブルな素材とドライブシステムの使用により移動社会を変革し続けています。ちょうど昨年も、リンスピードはドライバー不要の旅を可能にするために設計されたコンセプトカー「XchangE
でスポットライトを浴びました。今回はBudiiを発表することによってさらに一歩前進しました。この新しい車は自動運転装置を装備しているのはもちろん、ドライバーの癖や好みに合わせて適応します。Budiiはジュネーブモーターショーで初めて一般に公開されます。

Rinspeed

学習する車
この都市移動型コンセプトカーには、革新的なハードウェアとソフトウェアが搭載されており、これらを使ってBudiiは周囲環境の情報を集め、それらを処理して保存します。しかし、車はそれ自体の経験以上に情報に頼ることになります。自分の進むルートの道路上にいる他車の行動も観察し、それを将来に備えてインプットします。一つには、Budiiの運転行動を予測し事故を回避することができるので、道路交通の安全をより確かなものにできます。またもう一つには、リンスピードの伝統に沿って、このコンセプトは人間とそのニーズを中心に考えているということです。自動運転装置は複雑な都市交通の中を走る不愉快な移動にも対応でき、一方、週末の楽しい旅行ではドライバー自身がハンドルを握ることもできます。

常にオンタイム
ステアリング・ホイールは高感度のロボットアームに取り付けられ、必要な時に真ん中に持ってくることができます。また、これ以外にもドライバーが気に入るようなハイライトテクノロジーがあります。ステアリング・ホイールに取り付けられているカール F. ブヘラのマネロ パワーリザーブです。この精緻な、機能性の高い腕時計はパワーリザーブ表示と精密なCFB A1011ムーブメントを組み合わせたもので、革新的な車に完璧にマッチしています。自動巻時計のエネルギーが無くならないようにパワーリザーブの状態をビデオでモニターすることができます。ディスプレーが赤に落ちると、ステアリング・ホイールのロボットアームがウォッチワインダーとして機能するようになっており、ゼンマイを巻き上げます。ドライバーがいつも確実にオンタイムであることを助けるBudiiは真の「車輪上の友人」です。r to recharge the power reserve. By helping to ensure that the driver is always on time, Budii proves to be a real "friend on wheels".

Rinspeed

未来に続くパートナーシップ
これらのコンセプトカーは創造力に富んだスピリットから生まれ、自分の野心の痕跡を残したがるというありがちな功名心が邪魔することはありません。この点において、リンスピードも、ルツェルンの時計ブランド創業者カール・フリードリッヒ・ブヘラも、共通のフィロソフィーを持っています。卓越したテクノロジー、最高級の素材、そして自社製品にかける情熱が二つの革新的な会社を結びつけています。だからこそカール F. ブヘラにとって、リンスピードによる新しいBudiiプロジェクトへのサポート決定は当然のことでした。