戻る

バーゼルワールド2016での「輝かしいゴールド」。

12 7月 2016

カール F. ブヘラは輝かしい未来に向けて素晴らしい一歩を踏み出します。

バーゼルワールドは、時計産業界において世界最大の展示会であり、最も重要な発表の場とされています。世界中から来訪いただいたビジターの方々が見守る中、カール F. ブヘラの展示ブースがオープンし、ゴールド一色に輝くに包まれる中、ブランドの新イメージをアピールしました。カール F. ブヘラのCEO、サーシャ・モエリは、「カール F. ブヘラは、素晴らしい遺産を受け継いでいます。その原点に回帰し、未来に向けてそれを再解釈することで発展を続けていきます。」と語っています。 

すべては、先見の明に恵まれた挑戦を続けた企業家、カール・フリードリッヒ・ブヘラ自身とともに始まりました。1888年に創業し、そのパイオニア精神とクラフツマンシップへの情熱が、国際的な名声を誇るスイスの独立した時計メーカー、カール F. ブヘラの基礎を築いたのです。正統派ブランドとして、スイスの中心的な国際都市、ルツェルンに深く根ざし、この地を時計ブランドとしての原点、そしてインスピレーションの源としています。この故郷が持つ、創造力と何物にもとらわれない自由な精神が一体となって、このスイスの高級時計メーカー、カール F. ブヘラのDNAを形成しており、ブランドのノウハウを通して情熱とともにそれが表現されています。 

新しいブランドイメージは、カール F. ブヘラの貴重な遺産を思わせ、ゴールドの輝きはブランドの類まれなる力量をうかがわせます。このゴールドの輝きは、故郷ルツェルンに特別な趣を与えているバロック建築に由来しており、ミニマリストなデザインは、カール F. ブヘラの確固たるルーツへの、控えめでありながらも優れた賛辞となっています。 

ゴールドに輝くイメージは、ルツェルンのシルエットを掲げ、自由でコスモポリタンな精神を表現したディスプレーウィンドウと同様、受け継いだ遺産への誇りを反映しています。1,000平方メートル近い展示ブースの中央には、ライブラリーとブランドアイデンティティーに関するビジュアルを配置。さらに、ペリフェラルローター搭載の新ムーブメントであるCFB A2000が特別に発表されます。カール F. ブヘラが打ち出した世界初の量産型ペリフェラルローターというコンセプトを伴ったCFB A2000は、マネロ ペリフェラル モデルとともに時計製造の分野に新たに登場します。 

明確に「ゴールド」を打ち出した新ブランドイメージは、カール F. ブヘラの解釈によるラグジュアリーを表現しています。その職人魂を注ぎ込んだ最高水準の時計製造は、他とは一線を画すスタイルと情熱との絶妙な組み合わせで高い評価を得ています。