戻る

ベルリンで映画「ジョン・ウィック」のプレミア上映。

16 1月 2015

2015 年 01 月 16 日

ニューヨークで行われたプレミア上映成功に続いて、迫力あるアクションスリラー「ジョン・ウィック」がいよいよ1月29日ドイツの映画館でも公開されます。この公開に先立ち1月16日クラシック・リマイズでプレミア上映が行われました。スイスの時計マニュファクチュール カール F. ブヘラは、数多くのベルリンの著名人の他、ハリウッドスターのチャド・スタエルスキ、デヴィット・リーチ、そしてダニエル・バーンハートをこのイベントに招待しました。

1月16日クラシック・リマイズにおいて、カール F. ブヘラがイベントオフィシャルスポンサーを務める「ジョン・ウィック」プレミア上映が、多くのゲストを招いて開かれました。上映の前に行われたプレスカクテルパーティーには俳優ダニエル・バーンハートに会うため、多くのプレス関係者が出席しました。このルツェルンの時計ブランドの友人であるバーンハートは、最高の仕事を成し遂げるというブランドの情熱をともに共有しています。ハリウッドで彼は武道によって頭角を現し、彼の能力をすでに「マトリックス」や「ハンガー・ゲーム」といった映画で見せてくれました。そして、デヴィット・リーチとチャド・スタエルスキ監督のこの映画「ジョン・ウィック」にも今回出演しています。

John Wick

経験がもたらした成功
監督としてのデビュー作「ジョン・ウィック」はこれまで常に成功の道を歩んできた彼らにとって当然な結果です。何年もの間、チャド・スタエルスキとデヴィット・リーチはスタント&アクションのプロデュース会社「87eleven」を率いて、激しいスタント振り付けの世界をリードしてきました。「シャーロック・ホームズ」や「ハンガー・ゲーム」のような大ヒット作でのテンポの速い格闘シーンは、カール F. ブヘラの両友人たちによって組み立てられ、今回も監督とプロデューサーとしてハラハラさせるようなシーンでその才能を見せています。限界を越えたいという真の情熱と意志を持って、スリル満点のアクションスリラー「ジョン・ウィック」は製作されました。息を呑むようなスタントシーンと人の心をつかむ興奮、そして素晴らしいキャスティングによってこの作品は非常に印象深いものとなっています。スイス生まれの俳優ダニエル・バーンハートがキアヌ・リーヴスとウィレム・デフォーと共演します。

John Wick

エモーショナルな美意識
このスリリングな映画ではキアヌ・リーヴスによって演じられる元殺し屋ジョン・ウィックのストーリーが描かれています。暗い過去がよみがえった時、新たな復讐心がうまれ、ジョン・ウィックは再び悪との闘いに挑みます。
3人のハリウッドスターの腕にはカール F. ブヘラのタイムピースが輝きます:キアヌ・リーヴスは映画の中でクラシックブラックのマネロ オートデイト、一方ウィレム・デフォーの、ニューヨークのストリートで容赦ない追跡を受けるアクション満載のシーンではホワイトダイアルのマネロ オートデイト。また、ダニエル・バーンハートは彼の役柄の性格にピッタリの特徴的なパトラビ クロノグラードです。

ベルリンのレッドカーペット
カール F. ブヘラの3人の友人の他、クラシック・リマイズで行われたプレミアには数多くの著名なドイツのゲストとメディアの代表者が列席しました。