戻る

文化親善の一端として 、ルツェルン音楽祭アメリカ 支部のスポンサーを務めています。

16 6月 2014

カール F.ブヘラは

スイスの国際企業カールF.ブヘラは、ルツェルン音楽祭のアメリカ支部のスポンサーを務め、世界的に名高い音楽祭に貢献しています。

インスピレーションや高揚感と分かちがたく結びついた音楽は、伝統的な価値と現代の創作エネルギーが交錯する場でもあります。音楽は、いつの時代にあってもかわらず人間の表現性を鏡のように映し出してきました。

LUCERNE FESTIVAL

音楽に特別な愛着を抱くスイスの時計ブランド カール F. ブヘラは、ルツェルン音楽祭アメリカ支部のスポンサリングを通じて、この音楽に対する敬意を表しています。多大な額の支援を通じて、音楽界の巨匠と若き世代の交流を促進します。 

去る5月19日、ルツェルン音楽祭アメリカ支部がニューヨークで開催したフォーシーズンホテルチャリティーコンサートに、音楽祭のスポンサーが招待されました。これは、ジュリアード音楽院の才能豊かな学生が、指揮者マティアス・ピンチャーをはじめとする音楽祭の巨匠と交流する貴重な機会となりました。コンサートプログラムは、巨匠の指導の下でジュリアードの学生が決定しました。一流音楽家、才能あふれる学生、フェスティバルアメリカ支部を一堂に会したディナーも催され、さかんな文化交流が行われています。

LUCERNE FESTIVAL

コンサートの収益金は、ルツェルン音楽祭アカデミーに寄付され、ジュリアード音楽院の優れた才能や世界各国の若き才能の支援に生かされます。ピエール・ブレーズを筆頭とした音楽界の巨匠の下で、オーソドックスではないテクニックの習得や、より鋭い音感の養成、新しいステージを通じたクラシック音楽の再発見を目指します。