戻る

Made of Lucerne

28 11月 2016

カール F.ブヘラが、新しい広告キャンペーンとルツェルンのデジタルガイドによってブランド創業の地を紹介

スイスの高級時計メーカー、カール F. ブヘラは、定期的にブランドアイデンティティを刷新してきました。その最新ブランドイメージを、2016年前半に開催されたバーゼルワールドにおいて、新しい広告キャンペーンとともに発表。このキャンペーンでは、「ルツェルン生まれ」のブランドの原点となった誕生の地を、メゾンが特別に制作したデジタルガイドと併せて紹介しています。着実な成長を遂げているカール F. ブヘラのウォッチ販売本数は、この5年間で6500本から約4倍の2万5000本に増加しました。

2016年前半に新しいブランドアイデンティティが打ち出されたことは、この著しい成長におけるごく自然な流れでした。1888年にカール・フリードリッヒ・ブヘラによって創業されたメゾンは、この創業者の個性と自由な精神によって数々の成功を収めます。例えばブランド初のペリフェラルローターを備えた機械式ムーブメントは、設立以来125年以上にわたる長い歴史の中で生まれた画期的な業績の1つです。新しいブランドアイデンティティでは、スイスの中央に位置するメゾンの原点をミニマリストなイメージで表現。そのゴールドの輝きは、国際感覚あふれる故郷の街、ルツェルンにあるバロック建築を想わせます。この新キャンペーンは、ロンドンの広告代理店、ハバス社との密接な協力のもとで生まれました。

Chapel Bridge - Lucerne

「ルツェルン生まれ」というキャンペーンテーマをデジタルコンテンツとして実現する作業、そして独自の内容のルツェルン シティガイドの開発については、ジュネーブの広告代理店、デジタル ラグジュアリー グループと協力して実施。ルツェルンを訪れる人々は、モバイル用に最適化されたサイト lucerne.carl-f-bucherer.com のこのガイドを利用することで、旅先の地が「本物のラグジュアリーが息づく街」であることを実感できるでしょう。 このガイドには、カール F. ブヘラ社CEOのサーシャ・モエリ、グローバルブランドアンバサダーのリー・ビンビン、そしてカール F. ブヘラとともにルツェルンの魅力を体験したトップブロガーたちが提供する最新情報が定期的に紹介されます。

Lucerne City Guide