戻る

カール F. ブヘラが、インターラーケンにスイス国内初の ブティックをオープン

24 11月 2015

スイスで特別の存在感を放つブランド

ルツェルン生まれの歴史あるブランドが、洗練された、個性豊かな店舗を 今年、スイスの有名な街に開きました。

2015年11月インターラーケン。カール F. ブヘラは、今年インターラーケンに初めてブティックを開き、時計愛好家の皆さまを温かく迎え入れています。店舗は、インターラーケンの有名なホーエヴェーク通りにある名高いヴィクトリア-ユングフラウ グランド ホテルの一階に位置します。 「国際的なスイスメーカーである我が社にとって、このブティックは重要なマイルストーンです。」とカール F. ブヘラの最高経営責任者(CEO)、サーシャ・モエリは述べています。

Interlaken
店舗の広々とした空間は、落ち着いた雰囲気を醸し出し、来店客がゆったりとショーケースを鑑賞することができます。ルツェルン生まれのブランド、カール F. ブヘラらしさである情熱が装飾の隅々にまで表現され、カール F. ブヘラの製品を展示するのにふさわしいスペースを生み出しています。

Interlaken

くつろぎのスペース
暖かみのあるマホガニーカラーのクルミ材で仕上げられた壁は、店内に和やかな雰囲気を生み出し、マット加工された真鍮のモダンな要素が、上質な木材との組み合わせで調和の取れたアクセントをもたらしています。マホガニーの濃い色合いとパールカラーの光沢のある壁のパネルと見事なコントラストを描き、パネルのストライプ模様の素材が繊細な光の効果、さらにエレガントでピュアなラインを持つインテリアが典型的なアールデコのスタイルを主張し、ユニークな魅力を演出します。ブランドの創業年、1888年から今日までのコレクションを展示したスペースがこの印象をより鮮明にし、カール F. ブヘラの歴史を豊かに語ります。来店客が時計について熱心に語り合える快適なサロンが設けられ、A1000のショーケースが自社の工場で開発・製作された自社製ムーブメントやモジュールを展示しています。また、広々としたカウンターケースには、カール F. ブヘラの高級時計が陳列され、その細部までご覧いただくことができます。
このように、インターラーケンのブティックは、スイスの時計マニュファクチュールブランド、カール F. ブヘラの成功を物語っています。